Staff Blogグリーングラス スタッフブログ

 

外構エクステリア&ガーデンと施工の専門店

グリーングラス🍃では

 

 

今まで200件以上の戸建て住宅や

病院様、店舗様、会社様の

外構工事やエクステリア工事を行ってきました

 

 

ありがたいことに、現在もご依頼をいただき

一つ また一つと素敵な外構やお庭が出来上がっています

 

 

そこでふと思いました

外構工事は何のためにするのか?と、、

 

 

 

優しさ溢れるお庭(^-^)

 

 

 

決意と共に人生の大きな買い物

マイホームを購入し

自分達だけの家を初めて手にする

 

 

その嬉しさやワクワク感は

購入した方にしか味わえない感覚

 

 

これから人生を共にする家だから

家の中も外(庭)も

住みやすく、おしゃれにしたい

家族が心地よく過ごせる空間を作りたい

誰もがそう思うはずです

 

 

 

また親世代から受け継がれた家や敷地に住む方は

愛着がある家や庭も大切だけれど

 

 

 

少し時代の流れも取り入れて

昔からあるものも上手に活かしつつ

新しいものをとり入れたいと思うものです

 

水回りをリフォームしたり

庭木を整理したりリガーデンしたり、、

 

 

 

 

となると、外構とは

利便性の改善はもちろんですが

忙しい毎日の中でほっとできるような安らぎや

家族や愛犬など大切な人との過ごす為の時間

 

 

そういった、部分が一番重要であり

外構工事の必要性はそこにあるのでは

とグリーングラスは考えます

 

 

 

ビフォー

 

アフター

 

完工して

綺麗になって良かったで終わりでなく

 

休日に家族でのんびり外を眺めたり

お子様と裸足になって芝生で遊んだり

愛犬と遊んでみたり

 

そういうコミュニケーションの時間を

沢山取っていただきたいですし

 

そんな空間作りのお手伝いができればと思っています

 

 

 

 

今日はグリーングラス壬生ショールームの

消毒作業の日です!

1500坪の敷地の消毒作業なので

気合を入れましょう

 

この黄色のプラスチック容器の中に

水と薬剤を入れます

泡泡してます!

黄色の容器の横にはこんな器械が

こちらを噴霧器といいます

噴霧器とは水や薬剤を霧状にまき散らす器械

消毒時には欠かせない強い味方

範囲が狭い場合や数の少ない場合には

背中に背負う肩掛けタイプの噴霧器を使用

 

単に噴霧器といってもサイズは幅広く

背中に背負う小型タイプから

2~3馬力の動力式の大型タイプまであるのです

 

 

ホースの先にノズルがついており

ココから霧状になった薬剤が出ます

噴射威力は見た目以上

ある程度の高さに庭木であれば

脚立を使用せず消毒の散布が可能

 

消毒後は雨が降ったかのようになります

 

 

~雑草豆知識~

 

雑草取りをする場合は

まず最初に大きな草から取りましょう

こちらとか↓

大きく育った雑草から種がこぼれると

本当に厄介です

周辺にどんどん広がり収拾がつかなくなります

 

雑草が種をこぼす前に

根源を断ちましょう!!

このポイントを抑えるだけで

雑草の生え方は変わってきますし

 

お手入れがずいぶん楽になりますよ(‘ω’)ノ

 

 

小さい雑草より

大きな雑草を退治せよ

 

 

外構&エクステリアは

ちょっとしたお手入れをすることで

美しく保つことが可能

 

 

そうは言っても、、、

そのお手入れに時間が取れない、、、

植物や外構を楽しみたい

でもメンテナンスは最小限に抑えたい

 

こんなお悩みもあるでしょう

そんな時、頼りになるのが

エクステリアプランナー

 

メンテナンスを最小限に抑えつつ

希望の外構デザインを提案できるのは

植物の種類や敷地の形状や癖、

各メーカーのエクステリア商材の

使い心地を知り尽くした

エクステリアプランナーだけなんです!

 

 

こういった時にはぜひ

エクステリアプランナーに頼ってみましょう☆彡

 

 

 

 

鹿沼市Y邸の過去の外構工事に関しては

Blogカテゴリーにある

鹿沼市Y邸をご覧ください

 

 

—————————————–

 

 

ついにY邸の外構工事が完工しました

そのベールに包まれた全貌はこちら★

ナチュラルかつシンプルな仕上がりとなりました

円形の花壇の中には花苗に苗木の植栽を施してあります

花壇にはたくさんの草花を植えました

高く積み上げられた石材部分には庭木が植えてあります

 

庭木が大きく成長した時

この石材をベンチ代わりにして木陰で涼んだり、、、

想像するだけで心地よさそうですね(^-^)

 

 

 

こちらの花壇には成長後の事も考え

一年草や多年草をミックスし植えてあります

花苗を植える時はこのぐらいのスペースを空けるのがベスト!

 

 

これからの季節が楽しみですね

 

 

 

こちらは物置エリア

こちらの乱形石は雨に濡れるとこんな感じに色味の変化を楽しめますよ

 

 

DSC_0078

 

敷地の中だけでなく外側からも楽しめるように芝桜も植栽してあります

 

鹿沼市Y様ありがとうございました

 

鹿沼市Y邸の過去の外構工事に関しては

Blogカテゴリーにある

鹿沼市Y邸をご覧ください 

 

———————————————

 

完成しました!

物置周辺の外構工事(^-^)

 

ミントグリーンからーの物置と土間部分の石材や砂利の色味が

ばっちり!お互いを引き立て合う関係ができました。

 

太陽の位置によって庭木の枝や葉が木陰になり

施工した外構部分に季節感を漂わせてくれます

 

 

先日植栽した芝桜も太陽に向かってすくすく元気

 

 

フェンス越しに見えるパイロンともお別れです

そう、ついに鹿沼市Y邸完工

 

 

次回完工写真をアップします!(^^)!

 

外構デザインになくてはならないもの、、

 

 

それは「デッキ!」

 

家にある掃き出し窓から庭に出る場合、

掃き出し窓と同じ高さのデッキを施工しないと

外に出ることができませんよね。

 

 

 

このデッキの素材や形は本当に様々なんです。

よく見かけるのは上記の写真のようなシンプルな四角タイプ

納まりが良く使い勝手抜群です

 

 

敷地や庭部分をどのように使用したいかにより

少し凝ったフォルムにするのもオススメです

 

 

例えばこちら

台形のような形をしています庭木とのバランスも考えたデザイン

目を引く形状が魅力的です

 

 

家とのバランスを考えてデザインされたデッキ

デッキは広く施工するだけではありません

このようなデザインも可能です

おしゃれなエクステリアや外構だけでなく

使いやすさを第一条件に

外構デザインを創っているのです(^-^)

  

 

サイクルポートとカーポートの施工につづき

ナチュラルな土間も施工しました。

雨の日は部材が濡れないようにビニールシートを被せます。

万全!!

土間作りの下準備中

今回は土間に石材を敷いたので

コンクリートが石材の上に乗らないよう

綺麗に仕上げます。

完全に固まるまで少し時間がかかるので

しばらくはパイロンを設置

今回の外構デザインもナチュラル感が溢れています

外壁の雰囲気ともばっちり

 

 

そんなことをしているうちに

カーポートの屋根材の施工に入りました。

 

こちらをセットしたら完成です

以前施工したお客様です。

 

木製のサイクルポートとカーポート施工の写真が

とても興味深かったのでアップします。

 

 

カーポートというとメーカーの既製品を設置される方が多い中

こちらの施主様はお庭に木製のカーポートを設置されました。

既製品の柱と組み合わせて施工しています。

 

奥に見えるサイクルポートももちろん木製です。

なので削って微調整も可能。

 

職人さんがサイクルポートに一枚一枚板を貼っていきます。

横から見ると均一に板が貼られているのが良く分かりますね

 

本当にきれいで驚きます(^-^)

続く

4月27(土)28(日)29(月祝)

5月3(金祝)4(土祝)5(日)6(月祝)

 

エクステリア&ガーデン

GWスペシャル無料相談会開催!!

https://green-g.co.jp/event/3819/?post_id=3819

 

 

 

庭木に新芽がつく時期となりました。

爽やかで過ごしやすいこの時期に

お庭を見直すなんていかがでしょう?

 

新築外構、リガーデンの全体設計から

駐車場、門塀、目隠し、花壇、デッキ、物置などの部分的な事まで

センス良い物をお客様のご要望に沿ってご提案できるのは

グリーングラスだけ(^-^)♪

 

  

  

  

 

「お庭を何とかしたいけどどうしたらいいか分からない、、、」

「どんな風に工事が進むのか知りたい」

「この予算でできるのかな?」

お任せください!

経験豊富なデザイナーがご希望をヒアリングしお客様に合った最善の方法をご提案致します。

 

まずは

図面と写真を持ってグリーングラスにGo🚙!!

 

※ご予約の方が優先となります

ペット入場可🐶 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こちらの続きです。

https://green-g.co.jp/blog/杉板本実型枠コンクリート工法-その1

 

前回の杉板に浮造り加工を施します。

ビフォー

こちらの加工の方法ですが、板を金ブラシなどで擦って柔らかい夏目を落とします。

※木には夏目と冬目が存在します。これは季節により木の成長が異なるために生じるもので、この夏目と冬目の違いが年輪を作り出しています。

アフター

木目がはっきりしたのがお分かりになりますでしょうか?一枚一枚丁寧にこちらの作業をした後に枠の組み立て作業に入ります。

 

じゃん!板に何か刺さってます!こちらはコンクリート塀を作る時の必須アイテム☆彡「セパレーター」です!!

通称「セパ」と言います。コンクリート用型枠を固定するはがね鋼材です。

こちらがあることで型枠を均一に保つ事が可能。

片方の枠が完成していますね。コンクリートを流すときにものすごい圧がかかります。

反対側もこのようにセット!!圧と戦うためにがっちり支えを付けることが大切です。

そしてコンクリートを流し込みます。

コンクリートが固まれば支えをはずしてOK

ついにお披露目です。

枠を少しずつ解体していきます。

板をとります!

どきどき✨

すごい!この距離からでもしっかりと跡が確認できます!!

 

 

ちなみに長方形の穴が開いてますが、こちらは後ほどポストを設置するためのものです。

アップ

 

 

杉板本実型枠コンクリート工法で作った門塀がこちら!!

 

カッコイイですね。

 

この作業はできる職人さんが限られている難易度高めの工法です。

気になる方はぜひGWに開催されるグリーングラス相談会でデザイナーに聞いてみてくださいね