Staff Blogグリーングラス スタッフブログ

をしました。

 

グリーングラス壬生ショールームの入り口を入ると

このような場所があるのですが

よーく見るとこの部分

昔施工した小道(パス)が

ポロポロと剥がれてしまい

下に敷いた砕石まで見えている状況です

 

このままですと歩くときに危ないので

エコクリーンソイルという土系舗装材を使用し

補修工事を行いました

綺麗な仕上がり

 

使用方法はとっても簡単で

エコクリーンソイルをまいて

水をかけるだけ

 

ジョーロにシャワーヘッドを付けて

優しく数回に分けてかけてあげると

イイ感じに仕上がりますよ♪

 

約1日程で固まりこの上を歩ける状態になります

エコクリーンソイルは良質な真砂土を主成分とし

環境に配慮した新しい土系舗装材

 

ナチュラルな見た目に仕上げてくれるので

グリーングラスの雰囲気にピッタリです

 

 

エコクリーンソイルの効果としては

ヒートアイランド現象緩和

防草効果・史跡の維持などで

環境改善に貢献する舗装材料なんです。

 

以前はこちらに段差がありましたが

なだらかな仕様に変更しました

 

~施工の注意点~

植物の成長によって(幹が太くなる等)で

エコクリーンソイルにひび割れ生じる可能性があるみたいです

なので植物の根元まわりは10mm~100mm 

空けて施工するのがベストとのこと

 

 

 

 

外構設計施工の専門店

グリーングラスです

(施工範囲は宇都宮や小山など幅広く行っています)

 

外構工事安くする方法

 

 

最初に答えを言ってしまうと

基本的に外構工事を安く抑えるには、、

自分で作るか 素材を変更するか

のどちらかになります。

 

 

外構工事業者に外構の設計施工を依頼すると

ある程度の金額にはなります。

これは仕方ないこと

 

その道のプロの方に作業をしてもら訳なので

材料代や人件費がかかってきますしね

 

((すぐ壊れてしまったり使えなくなる外構工事では

意味がありません!))

 

 

 

もし外構工事を依頼するのが

金額的に高くて

悩みの種であるならば

まずは素材と範囲の見直しをしてはいかがでしょう?

 

類似品が各メーカーより出ています

やはり金額が高い物の方が品質が良いのは確かです

 

 

ですが、

安いから品質が良くないという訳ではありません

 

使う場所や用途によっては

安い類似品の方がはまる場合もあります

 

 

あとは、範囲の見直し

2m作る予定だったフェンスを1mにして短くしたり

花壇の高さを数十センチ短くしてみたり

それだけで使用する素材(レンガや木材、アルミ材)の分量が減りますよ

 

そのような感じで金額の調整をしても

納得いかない場合は

 

 

一部外構会社に工事を依頼して

残りを自分の手でDIYすることをお勧めします☆彡

 

自分で材料を探して

施工方法を検索して

実際に作ってみる!

 

 

自分で手をかけて作るのが好きな方は

よく壬生ショールームで販売している石材を

購入しご自分で花壇を作ったりアプローチを作ったり

してるようです!(^^)!

中には作った花壇のお写真を見せて下さる方もいらっしゃいます♪

 

 

外構は業者に頼んでも自分で作ってもどちらでも良いのです

自分が納得できる方を選んで楽しいガーデンライフを送りましょう

 

 

 

 

 

庭木もミニユンボ君も宙を舞う!

 

 

宇都宮や小山を中心に

外構の設計施工を行っておりますグリーングラスです

 

今日はグリーングラス壬生ショールームにて

伐根作業がありました

 

(伐根作業とは、、

庭木を根っこから抜くことを言います

 

処分する庭木の作業の時も

抜いて別の場所に植え直す場合の作業も

どちらも『伐根』と呼んでいます)

 

 

 

伐根された庭木達

まだ根の張りが浅いのでこのぐらいだと

簡単に抜けてしまう、、

 

伐根レベルが1~100まであったとすると

10にも満たない程難易度低め

(だと勝手に思ってます)

 

 

 

 

グリーングラス壬生ショールームには

仮植売り場という名のついたエリアがありまして

 

そこには販売用の庭木が

たーーーくさん植えられています

ココ↓

落葉樹から常緑樹

高さ1メートルない物から6メートルを

超える超大物庭木まで幅広い庭木を常時ストック

しておるのです

 

 

 

このエリアの庭木は全て仮植えなので

基本的に根っこは全て麻布で巻いてあり

その状態のまま植えています

 

根巻きの状態

 

 

そうしないと根が土の奥深く

&横に広範囲に伸びてしまい

伐根作業が非常に大変になるのです

 

しかーし、そのような配慮をしても

年月が経つと麻布は土に溶けてなくなってしまいます

 

なので、結局年月の経った庭木の伐根は

難易度100☆☆☆に跳ね上がります((笑))

 

 

※特に高さがあるもの5メートル以上は

周囲の状況に配慮しながらの作業になるので

神経も体力も消耗する一大作業

 

紐のきしむ音やサイズ感に

見てるこっちがビビる程であります

 

 

話がそれましたが

今回このエリアからお嫁にいく庭木その1は

 

モミジです

 

既に掘り起こし作業が終了し

根巻きもされて宙づり状態でした

 

宙づりモミジ(‘ω’)ノ

生えてる場所的にユニックとユンボを

使用しないと取り出すことが難しかったので

今回はこのような感じで作業をしました

 

 

クレーンに吊られる姿がもはや芸術的

ひっくり返りもせずきれいに持ち上げある

この技術って半端じゃないです!プロ技

 

 

実は今日の作業

超大物庭木の伐根があり

(※これに関しては後日別記事でご紹介)

緊張感漂う現場でしたが、、

 

 

 

作業の出だしのこのワンシーンに

笑ってしまったことはここだけの話

 

作業の最初にユニックでミニユンボ君を

仮植エリアに移動させるワンシーンがあったのですが

なんか

(笑)

カワ(・∀・)イイ!!

ミニユンボ君が宙づりの姿が

ツボにはまったのか

この写真を撮りながら

気づけば一人で笑っていました

 

 

 

次回!超大物庭木の伐根作業について書きます!

中々見れない大きな庭木の伐根は圧巻の一言につきます

 

お楽しみに~♪

施工完了

あっという間に下野市S邸完工致しました!

 

デザイン性のあるオシャレな駐車場兼アプローチの完成☆彡

石材の配置に大変こだわった駐車場兼アプローチの

存在感は圧巻です(^-^)

車が停められるような

しっかりとした作りでありつつ

 

車を停めてない状態のデザインも楽しめる

という一石二鳥♪

 

雨に濡れた後は自然石の色の鮮やかさが増して

晴の日とはまた違う表情を見せてくれます

 

便利な道具の話

 

世の中には便利な道具があるもので

それをアプローチに使用したのですが、、

何か分かりますでしょか?

 

赤枠で囲った部分なんですが

こちらだけ他の箇所と違うのが伝わりますでしょうか?

四角に囲ってあるように見えます

 

実はここ蓋なんです!

蓋の中には浸透桝や汚水桝など、

その現場により何があるかは異なりますが

大体はそのような物が隠れています

 

 

 

この蓋って通常こんな感じ

庭のいたる所にあります

 

普段の生活で開けることってまずないような物

 

外構工事する場合

この周辺に石材を敷いたり

芝や砂利を施工することがよくあります

 

 

ただ、そうなると

蓋はこのままになりがち、、

 

折角素敵な雰囲気に作り込むなら

この部分もなんとかしたい!ですよね?

 

 

っていう時役立つのはこちら

 

世の中には下記のような商品が販売されてます

この商品本当に優秀~

蓋の上までしっかり石材を貼ることが可能!!

こんな感じに

自然に馴染みます

※写真お借りしました

 

 

いかがでしょうか

この印象の違い

このままだと

インパクトが大きい、、

 

 

 

四角いタイプも出回っています

(本当に便利!考えた人は凄いと思います)

とても細かいことですが

重要ですからね(‘ω’)ノ

 

 

 

施工前のレンガの時も

このポイントはしっかり押さえていました

 

 

施工中は蓋を外してコンクリート打設作業をします

少しお手間をかけてあげます

 

 

乱形石と庭木移植

既存の駐車場の後ろ部分もコンクリート打設し

乱形石をワンポイントで施工しました

 

 

 

それとS邸に元々植えてあった庭木を

こちらの場所に移植

 

 

庭木は新しく植えるだけでなく

今あるものを上手く利用する方法もあります

 

 

それが『庭木の移植』

位置を変えるだけで印象が変わるのでオススメ

折角育てた植物を処分するのは何だか勿体ないですし

 

好みの種類で気に入る樹形の庭木って

中々出会えないのも事実!

 

費用を抑えつつ外構の印象を変えたい

 

そんな時、もし庭にお気に入りの庭木があれば

剪定をして形を整えて移植して

 

少しイメージを変えて長く楽しむのも

一つの選択肢としてありですよ

 

 

S様ありがとうございました!

 

——————–

 

6月22日(土)、23日(日)

宇都宮にあります”くさむすび”では

『デザイナーと創る庭と外まわり』無料相談会を開催!!します

 

詳細はバナーをクリック

 

 

 

下野市:S邸 の外構工事です

(※ちなみにS邸今回は2期工事となります

以前、外構を施工した際はお子様が小さかったのですが

今回はお子様の車を停める駐車スペース兼アプローチを

施工するのです!(^^)!外構はお子様の成長に合わせて

表情を楽しむことが出来るのが良い所♪)

 

 

まずは解体作業開始

左側には木製のラティスフェンスらしきものと

アイアン門扉が既に撤去済

 

 

 

ラティスフェンスとはこちらのことを指します

 

※参考写真

ガーデニングやエクステリアを扱う業界での認知度は高く

なかりポピュラーなこちらの商品

 

ラティスと言えば上記の写真の様に

格子状に板が張られたフェンスを意味します

 

このラティスフェンスもバリエーションが幅広く

格子部分がないシンプルな商品もあります

しかし、それもラティスの名称で呼ばれることが多いです

 

格子状のフェンスは目隠しの役目もありますが

つるやつたを絡ませるという使い方もあります

 

 

 

 

 

こちらのブロック塀を撤去しフラットな状態にすることで

自然な動線が確保できます

また車のドアが当たってしまう可能性もありましたので

こちらも撤去を行います

 

外構デザインを考えるときは

動いてみた時にどうか? を想像するのがとても重要

毎日使う場所なのに使い勝手が良くないのは嫌なものです

 

 

 

 

 

 

ビフォー アイアン門扉

こちらのブロック塀も一部撤去しました

 

 

この辺りは門扉が施工してあった箇所になります

右横に見える緑の柱が門扉の柱

 

その左隣は門塀部分

門塀の前には花壇と植栽がありましたが

綺麗に撤去され跡形もありません

 

駐車場増設なので

 

門扉を撤去し門塀の一部分を撤去して

車が一台入れるスペースを確保します

 

あっという間にスペース確保完了!

 

 

 

元はこんな感じで門塀の上にはライトが設置されてました

 

植栽の存在も確認できます

 

ビフォー

 

 

さて、カーポート裏では

コンクリート打設作業が始まりました

アプローチ部分も一緒にコンクリートを打ちます

全面ではなく一部分。

 

そして所々に隙間もあります

今回のコンクリートはどのようなデザインになるのでしょうか?

ここで綺麗な自然石が登場

コンクリート打設した箇所に乗せていきます

 

ここの自然石のサイズ感やバランスは

担当デザイナーとお客様とで

何度も話し合った超が付くほどのこだわりポイント!

 

 

配置で見え方も変わってきますし

自然石の果たす役割は大きいのです

 

施工後は乾くまで乗らないよにパイロンをセット☆彡

パイロンさんがおしゃれアプローチを守ってくれています(^-^)

 

次回完工です!!

 

みなさんはご存知ですか?

スタジオジブリ作品の世界観を再現したテーマパークが

できるそうなんです!!

 

その名も「ジブリパーク」

2022年秋開業予定だそう

 

 

ジブリ好きには

なんとも嬉しい朗報!(^^)!

 

 

そのニュースを見ていた時に

完成予想図があったのですが

 

手書きで書かれたその図面は

なんとも温かみがあり

 

完成後がとてもイメージしやすかったんですよね

 

 

 

グリーングラスでもお客様に外構やエクステリアのデザインを

ご提案する際の外構図面は全て手書きです(*^^*)

 

 

細かな線の引き分けから

色付けまでスタッフが一つ一つ手作業で行っています

 

 

使用する部材の雰囲気や

植栽予定の庭木の特徴を

 

 

限られた用紙の上でどのように表現すれば

リアルに伝えることが出来るか?に

真剣に向き合い、日々図面の作成をおこなっております。

 

 

そのように心を込めて描かれた図面は

CADでは表現できない

 

 

人間らしいというか、、、

繊細さ、柔らかさがぎゅっと凝縮されており

見た方の心に残る作品となります

 

 

ジブリのアニメーションに惹かれる理由も

そういった部分だと思うのです

 

 

人は人が手をかけて作り出した作品に

ぐっとくる生き物のようですね♪

 

 

外構工事に欠かせない素材、

「石」

洋風、和風とテイストを選ばず

外構やエクステリアに使用できる材料の為

使用頻度も高め。

 

((ここは石屋さん))

 

色鮮やかな石ですね

このように、たまに石谷屋さんに行くことがあるのですが

新しい発見とアイディアの宝庫としていい刺激をいただけます。

 

 

 

下の写真のは鬼怒川で取れる石

 

 

こちら新筑波石です。
新です。新! 表情が野性的

石の世界は奥が深い

今日一のインパクト

木に見えますが、これも石だそう

 

自然の作り出すものは想像を超えてきますね!

 

こんな感じに♪

 

グリーングラストップページの一番下

バナーが沢山ある位置に新しく仲間入りしましたよ

 

 

お年を召された方や障害をお持ちの方でも楽しめる

バリアフリー外構

 

新築外構でも、今ある家をリガーデンする場合でも

対応可能となっております。

 

年月が経てばお庭の使い方も変化しますし

その時はなんら問題のなかった段差が気になったりと

出てくるものです

 

 

そんな時は、外構に

バリアフリーという概念を取り入れてみませんか?

 

ご相談は随時承っておりますので

お気軽にお問合せ下さいね

 

お問合せTEL:0282-86-4564

 

 

 

続きです

 

外構にはこんなメリットがあります

 

メリット1 防犯対策

ここが一番のメリットだと思っています

敷地に家を設計する際、敷地ギリギリには建てませんよね

なので、人が通れるぐらいの空間を確保します

 

そこに砂利を敷くことで人の気配に気づくことができますし

門やアプローチにライトを設置してあれば

防犯に対して意識が高い家だと判断され

不審者が近寄りにくくなります

 

 

 

メリット2 快適な暮らしをおくれる

フェンス設置や庭木を植えると

道路からの視線を散らすことができ

見せたくない洗濯物などをカバーできます

 

また、庭木を植えると大きく育った時

暑さをしのげる木陰の役目を果たしてくれます

 

 

メリット3 家族との時間の共有の場となる

現代は核家族化が進んでいます

家族と時間を共有することも以前より

減っています

 

そこに歯止めをかけるのが

外構だったりするのです

 

葉が沢山生い茂った大きな庭木

鮮やかな緑色が眩しい芝

季節ごとに表情を変える草花達、、、

 

そんな空間の中でお茶や読書を楽しんだり

デッキスペースでご近所のお友達を誘って

バーベキューや会話を楽しんだり、、

 

 

このような経験ができるのは

外構があるからです

 

 

 

次回は家のイメージをアップさせる外構の

選び方に関してお話します

 

続く

 

 

 

今日は外構が果たす役目の

重要性に関してお話しますね(*^^*)

 

とは言ってもそもそも外構って

どの部分のことを言ってるのか

よく分からない

 

 

なんとなくは理解できるけど

はっきりした区別までは、、、

 

という方もいらっしゃるでしょう

 

Wikipediaに外構に関しての説明があったので

載せておきますね♪

 

外構とは、、

外構をエクステリア(Exterior)と呼ぶ場合もあるが、

エクステリアの場合は建築を取り巻く構造物という意味より、

建物を取り巻く空間、あるいは環境と位置づけされ、

そこにはインテリアのように装飾性、機能性、娯楽性が大きく含まれる。

 

 

一般にインテリア(内装)の対義語として用いられることがあるが、

特性に鑑みるならば根は同じで、それが内部か外部かという違いだけである。

 

もっとも、インテリアは装飾性に特化されているものが多い

(インテリアカーテンや装飾家具など)なか、

装飾性ももちろんであるが、機能性、また娯楽性に重きを置いている傾向がある。

 

 

 

 

wikiよりお借りしました

要は、門やフェンス、駐車場、アプローチや中庭

 

 

家以外の外回り部分を総括して外構と呼んでます

最大の役目は

 

住む人の悩みを解消し
心地よい空間を提供する
 

事です

 

 

 

 

明日に続く、、、

 

 

 

 

 

外構&エクステリア施工の専門店グリーングラスです

 

グリーングラスでは外構デザイン、施工の会社ですが

寄せ植え教室も開講しております。

 

 

先日6月の寄せ植え教室の器が決定しました!!

鳥かごとアンモナイトの器です

来月はこちらの2鉢がセット!!

 

しかも使用する植物は花苗ではなく

サボテン

 

どのように仕上がるのか今から楽しみです(*^^*)

毎月行っている寄せ植え教室というのがこちらです

気になる方はお問い合わせくださいね☆

 

サイズを小さくすれば別荘を持つのは

意外と簡単(*^^)v

先日、木箱の中に別荘をつくりましたよ

お家の屋根にはセダムがちょこんと

裏庭には実物ビルベリーを植え収穫の秋に備えます

家に向かう途中には馬車があります

ブラックのアイアンアーチをくぐり家に向かいます

外構部分も手を抜きません

アプローチには白系の砂利を敷きました

別荘の脇には年代物の鉢

バラの美しさが際立ちます

手のひらサイズの別荘楽しんでみませんか(*^-^*)?

前回のブログで書いたモミジですが、、

実は今時期にモミジを植え替えるのは適期ではありません!!

 

(でも綺麗に植え替えました)

庭木はベストタイミングで植えるのがオススメ

 

(ちなみにモミジの植え替えにベストな時期は

紅葉後の葉が落ちて枝のみになった状態ですよ)

 

だからといって他に時期に絶対植え替えたらいけない!

という訳ではありません

 

 

意外と知られてないですが?

本当は庭木をいつ植え替えてもいいのです

 

 

しかし!注意点があります。

 

庭木にとってベスト時期でない植え替えには

それ相応の対応が必要となります

 

そう、今回は特別な植え替えということ

 

特別な植え替えの時は根のバランスを見て

上の枝を結構な量落とします

 

結構太めの枝も切り落とされてるのが分かりますね

こうすることで根とのバランスが取れて

ベスト時期でない時に植え替えても

上手に生き続けられるのです

 

あとは、幹がぐらつかないように

針金を枝にかけてしっかり固定します

針金もそのまま幹にかけると幹へかなりの負担となるので

クッションをつけてあげます

(庭木愛ですね♡)

これぞ職人技

 

洋風テラコッタ鉢に日本らしいモミジの組み合わせ、、

想像以上に合います!!

先日お客様がご自宅からこちらのモミジを

持ってこられました

 

それがこちら

 

なんで5月に紅葉してるの?と

思われた方もいらっしゃるかもしれません

 

 

 

こちらは

ノムラモミジという種類でして

 

通常のモミジより伸びが遅く虫が付きにくい

落葉樹を入れたい初心者向きの素晴らしい特徴を

兼ね備えたモミジなんです!!(かなりオススメ)

 

モダンな家の庭先にあると、、

なんとも言えないアクセントとなります

 

特にですね、、

コンクリート打ちっぱなしの家との相性◎

 

 

 

 

コンクリートの無機質な感じ

×

季節感のある柔らかい落葉樹

 

この2つの

コントラストはなかなかですよ(^-^)

 

 

 

このモミジが植えてある鉢がまた魅力的なのですが、、

 

無造作なアルミ!!

なんとも躍動的です

沢山の草が生えてますが

その部分も含め一つの作品として

出来上がってる感じがします

 

 

 

上記の作品をこちらの円形の鉢に植え替えます

 

つづく

 

そういえば、、と思い出し

 

今日はこちらをお店に出しました

 

 

弊社で担当した外構デザインの物件が

リクシルで賞を取りました(^-^)

賞をとるとこんな感じで施工例の写真を綺麗に額に入れてくれます

 

家具館入ってすぐ

お持ち帰りOKのエクステリア商品のカタログが

置いてある箇所に設置してみました

 

イイ感じです(^-^)

 

ちなみに、こんな立派なエクステリア写真集もいただけます

他の会社様がデザインされた物件も掲載されてるので

見てるだけで勉強になる!!

 

もちろんグリーングラスの物件も掲載されていますよ

 

この物件の詳しい紹介は

 

くさむすびHPに掲載されてますので

ぜひチェック下さいね

 

https://kusamusubi.jp/

 

 

 

 

 

 

こちらのフェニックスロベレニーは

水やりが足りてない状況です

 

瀕死状態ではありませんが

可能な限りすぐに水やりしたいところ、、

 

ちなみに葉が黄色くなっているのは

水が足りない訳ではありません

 

むかーし から付いてる葉なので

そろそろ寿命が迫っている感じです

 

早く根元から切って欲しいので

こんな色に変化しているのです

 

 

私たちがどこで水やりのタイミングを

見極めてるかといいますと

葉の状態

 

これが水が足りない葉🍃です

こちらのが分かりやすいでしょうか?

葉の広がりがない

葉が細い

 

 

ちなみに水をたっぷり含んだ葉の状態はこちら

 

※画像が粗く見えずらいですが

葉の一つ一つがしっかり開いています

 

違いが伝わりますでしょうか?

 

比べると全然違います!

 

とりあえずこのような状況の時、

下記画像ぐらい水をやります

 

 

 

鉢上え

 

受け皿

水が溢れそう(笑)

 

これは極端かもしれませんが

このぐらいあげる勢いが正解です◎

 

この量も

ほんの3,4日でなくなります

 

 

こちらのフェニックスは他のフェニックスに比べて

良く水を吸うのでこれぐらいやらないと

足りないんですよね、、、

 

同じ観葉植物でも

鉢により水の渇くスピードは全く違います!!

 

 

決められた回数や量に囚われるより

葉の状態や土の状態をみて水やりした方が枯れる

可能性は格段に減ります

 

※他の種類の観葉植物にこの水の量をやると

腐るので注意が必要です!!

 

 

とにかくよく分からないのであれば

自己判断するのではなく

プロからアドバイスをもらいましょう

 

それが観葉植物と長く暮らせるコツですよ☆

 

 

 

今日、レジの前に並んだ

台車2台分の花・花・花!

実はこれ1人のお客様が購入された花苗なのです

 

夏を意識した爽やかで華やかな草花たち

 

購入される方にお話を聞いたところ

こちらは全て花壇に植えるとの事でした

 

その花壇には今までマリーゴールドを植えてたそう

 

外構やエクステリアを盛り上げてくれる主役であり名脇役である花

 

 

本当は華やかで季節感のあるオシャレな花苗を植えたい

と思っていても、本やWEBで検索したところで

自分の家の花壇に合う花や組み合わせ方なんて分からない

 

 

そもそも花って何を基準に選んで配置してるのか?

そこから勉強するのはちょっと、、、

でもできるならこんな花苗を入れたと

思われてる方結構いるのかも知れませんね とふと思いました

自分で花苗を選ぶとき

この種類をチョイスしますか?

(なかなかできませんよね、、

私ならもっと無難な花で固めてしまう)

 

 

グリーングラスには寄せ植え教室の先生がおり

実はこのようなご相談も承っているのです

 

 

既に跡形もないですが

この場所で

花苗の配置決めを行っていました

実際に並べて説明しながら

お客様のご要望も伺いながら使用する花苗を決めていきます

 

 

でもここで選んでも

植える位置を忘れてしまったら意味ないよね、、、

と思われた方 ご安心ください。

 

ご自宅に帰られた後でも

迷わず植えられるようにエリアごとに分けて

植え込む配置のままケースに並べてお渡ししています。

 

グリーングラスならではの心使い(^-^)

花壇や鉢への植え込み方法、選ぶ花に関してアドバイスが欲しい

そんなお悩みございましたらお気軽にご来園ください

もちろんお電話やメールでもお問い合わせ可能です

 

 

植え込み予定の場所や使用する鉢などの写真や実物が

あると想像しやすいので可能な限りご用意いただけますと幸いです

 

素敵なお花ライフ楽しみましょう♪

今年も来ました。

八丈島から奴らが、、、緑のコンテナに乗って

そう。観葉植物【フェニックスロベレニー】

100本越えですよー!!

フォークリフトにパレットを乗せて

手作業で1本1本降ろしていきます THE地味作業

でも、みんなが手伝ってくれるのでとっても助かります(^-^)

いつもありがとう☆彡

 

 

スペースもしっかり確保しました

並べていきますよ

コンテナから降ろしたフェニックスロベレニーが

フォークリフトにより運ばれてきます

ぎりぎりまで運んでもらい

そこからはまた1本ずつ手作業で降ろします!

こんな感じに

観葉植物が届いた時は大体紐で縛られてます

 

 

血液型がB型のスタッフが並べてくれましたが

B型とは思えない程きっちり揃っておりましたΣ(・□・;)驚

 

彼曰く

『変なところは几帳面』なんだそう

B型あるあるなのでしょうか?

 

それにしても素晴らしい几帳面具合で感動です

補充完了!!

荷下ろし作業ありがとうございました