Staff Blogグリーングラス スタッフブログ

 

 

外構やエクステリアを施工するだけでも

お庭は素敵になりますが

そこに庭木が1本入ると

これまた一気にイイ感じに変身するのです

 

なので、庭木や草花が少なめの

ローメンテンナス外構の場合でも

1本は庭木を入れていただいたり

ちょこっと植物を植栽していただくといいかもしれませんね

 

 

今人気のシンボルツリーといえば、、

 

ズバリ!!

オリーブです(^-^)

 

 

 

通年葉があり

目隠しになる

葉っぱの形が小ぶりでスマートで

オシャレな印象を与えてくれます

 

 

庭木のシンボルツリーを検討されてるお客様の半分ぐらいは

オリーブが候補に入っているケースが多く感じますね

 

 

それ程魅力的な今人気の庭木(^-^)

(こちらは先日お客様が購入されたオリーブ

元々は手前の黒ポットに入ってましたが

そこから抜きましてこれから根巻き作業を行いますよ)

 

(葉は邪魔なので麻ひもで束ねてあります)

 

 

 

(根っこの様子)

 

 

(土の周りを少し崩して

サイズ調整を行います)

 

(ここが崩せる限界!

これ以上行うと土が全部とれてしまいます

この見極めが中々難しいのです)

 

 

続く

 

 

 

今日は寄せ植え教室の先生が

母の日用の寄せ植えを作成していましたので

ちょっとの覗き見

 

今回は籐カゴバスケットを使用した寄せ植えです

 

 

最初に軽石を入れて

グリーングラスオリジナルの土を重ねていきます

今回使用するのは

2トーンカラーの籐カゴ

ポット苗を置いて位置決めの作業に入ります

 

こんな感じに

正面を決めて全部の花苗が良く見える

ベストポジションを探します

こちらは裏側です

 

こちらが正面

今回はこの花苗で決まりです

 

先程の裏側から見た時より

全体のおさまりが良く

植えてある花苗も全部見えます

 

後はポットから出して植えこむだけ

こんな感じで寄せ植えは作られていくのです(^-^)

先日お邪魔したお宅での作業内容です

今回は作業内容が盛りだくさん!

 

1、庭木の剪定

2、庭木の伐採

3、小屋の解体撤去

4、マット処分

5、ブロック解体撤去

 

となります。

 

まず、現場調査からスタート★

 

剪定予定のモクレンの木

現状でH5mを超えの大物です

 

『大きくなりすぎて手に負えなくなった』ということで

約半分の高さに仕上げたいそうです。

 

 

モクレン作業後

 

 

庭木剪定のご依頼をいただく場合、

H3m以上のことが非常に多いです。

 

ある程度の高さになるとお客様自身での剪定に限界を

感じるのでしょう

 

そんな時こそ我らがガーデンドクターの出番であります

 

 

 

伐採するサザンカ

4本中4本全て伐採希望です

 

 

何ともすっきりさっぱり✨

 

 

 

そしてブログのタイトルにもなってますが

 

グリーングラスはお庭のお手入れ専門店でありながら

小屋の撤去マット処分も対応可能(*^^)v 

 

※内容によっては対応不可の場合もあるので事前にご確認ください

 

 

作業後

跡形もなく撤去作業させていただきました

こんなこと頼んでいいのかな?

 

そう思った時にはまず弊社『ガーデンドクター』にご相談ください