Staff Blogグリーングラス スタッフブログ

以前施工したお客様です。

 

木製のサイクルポートとカーポート施工の写真が

とても興味深かったのでアップします。

 

 

カーポートというとメーカーの既製品を設置される方が多い中

こちらの施主様はお庭に木製のカーポートを設置されました。

既製品の柱と組み合わせて施工しています。

 

奥に見えるサイクルポートももちろん木製です。

なので削って微調整も可能。

 

職人さんがサイクルポートに一枚一枚板を貼っていきます。

横から見ると均一に板が貼られているのが良く分かりますね

 

本当にきれいで驚きます(^-^)

続く

4月27(土)28(日)29(月祝)

5月3(金祝)4(土祝)5(日)6(月祝)

 

エクステリア&ガーデン

GWスペシャル無料相談会開催!!

https://green-g.co.jp/event/3819/?post_id=3819

 

 

 

庭木に新芽がつく時期となりました。

爽やかで過ごしやすいこの時期に

お庭を見直すなんていかがでしょう?

 

新築外構、リガーデンの全体設計から

駐車場、門塀、目隠し、花壇、デッキ、物置などの部分的な事まで

センス良い物をお客様のご要望に沿ってご提案できるのは

グリーングラスだけ(^-^)♪

 

  

  

  

 

「お庭を何とかしたいけどどうしたらいいか分からない、、、」

「どんな風に工事が進むのか知りたい」

「この予算でできるのかな?」

お任せください!

経験豊富なデザイナーがご希望をヒアリングしお客様に合った最善の方法をご提案致します。

 

まずは

図面と写真を持ってグリーングラスにGo🚙!!

 

※ご予約の方が優先となります

ペット入場可🐶 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こちらの続きです。

https://green-g.co.jp/blog/杉板本実型枠コンクリート工法-その1

 

前回の杉板に浮造り加工を施します。

ビフォー

こちらの加工の方法ですが、板を金ブラシなどで擦って柔らかい夏目を落とします。

※木には夏目と冬目が存在します。これは季節により木の成長が異なるために生じるもので、この夏目と冬目の違いが年輪を作り出しています。

アフター

木目がはっきりしたのがお分かりになりますでしょうか?一枚一枚丁寧にこちらの作業をした後に枠の組み立て作業に入ります。

 

じゃん!板に何か刺さってます!こちらはコンクリート塀を作る時の必須アイテム☆彡「セパレーター」です!!

通称「セパ」と言います。コンクリート用型枠を固定するはがね鋼材です。

こちらがあることで型枠を均一に保つ事が可能。

片方の枠が完成していますね。コンクリートを流すときにものすごい圧がかかります。

反対側もこのようにセット!!圧と戦うためにがっちり支えを付けることが大切です。

そしてコンクリートを流し込みます。

コンクリートが固まれば支えをはずしてOK

ついにお披露目です。

枠を少しずつ解体していきます。

板をとります!

どきどき✨

すごい!この距離からでもしっかりと跡が確認できます!!

 

 

ちなみに長方形の穴が開いてますが、こちらは後ほどポストを設置するためのものです。

アップ

 

 

杉板本実型枠コンクリート工法で作った門塀がこちら!!

 

カッコイイですね。

 

この作業はできる職人さんが限られている難易度高めの工法です。

気になる方はぜひGWに開催されるグリーングラス相談会でデザイナーに聞いてみてくださいね

 

 

 

 

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

 

 

4月27(土)28(日)29(月祝)

5月3(金祝)4(土祝)5(日)6(月祝)

 

エクステリア&ガーデン

GWスペシャル無料相談会開催!!

https://green-g.co.jp/event/3819/?post_id=3819

 

 

 

庭木に新芽がつく時期となりました。

爽やかで過ごしやすいこの時期に

お庭を見直すなんていかがでしょう?

 

新築外構、リガーデンの全体設計から

駐車場、門塀、目隠し、花壇、デッキ、物置などの部分的な事まで

センス良い物をお客様のご要望に沿ってご提案できるのは

グリーングラスだけ(^-^)♪

 

  

  

  

 

「お庭を何とかしたいけどどうしたらいいか分からない、、、」

「どんな風に工事が進むのか知りたい」

「この予算でできるのかな?」

お任せください!

経験豊富なデザイナーがご希望をヒアリングしお客様に合った最善の方法をご提案致します。

 

まずは

図面と写真を持ってグリーングラスにGo🚙!!

 

※ご予約の方が優先となります

ペット入場可🐶 

 

 

 

 

 

 

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

 

 

 

 

 

「杉板本実(ほんざね)型枠コンクリート工法」

エクステリアや外構工事の際に使用される専門用語なのですが、こちらの言葉をご存知の方はいらっしゃいますでしょうか(^-^)?

ちなみに私は先日はじめて聞きました。汗

 

 

外構工事の際に用いられる施工方法なのですが、文字だけ見るといったい何のことやらイメージが湧きませんね。

杉板?型枠?

 

実は先日、外構工事をさせていただいたお宅の門塀にこちらの方法を用いたのでお写真と共に見てみましょう♪

 

 

 

まずグーグルで検索すると大体下記のような説明が出てきます。

「杉板本実型枠(ほんざね)コンクリート工法」コンクリートパネルがなかった時代に用いられた方法で、木材の表面の凹凸を浮き立たせる表面加工を施した杉板を型枠として使用し、その中にコンクリートを流し込むことでコンクリートの表面にナチュラルな木目を付けるというものです。

 

 

ちなみにこちらは型枠作りから手の込みようが凄いんです!!

 

 

まずは杉板に浮造り(うづくり)加工を施します。

浮造り(うづくり)加工とは?

木材の表面をブラシで削ることで、木材の硬い部分(=冬目)は残り、木目の柔らかい部分(=夏目)は削り取られた表面加工のこと

 

なんと手間のかかる作業でしょうかΣ(・□・;)

ただ型枠を作ればいいわけではないのです。

もはや職人さんの手間・技術がたっぷり詰まった作品です!!!

 

 

 

使用する杉板です

 

ちなみに型枠として使用するので板の節穴は埋めます。後、型枠用なので一度きりしか使えません!!他の現場では使うことができないのです。なんと贅沢☆彡

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

昔の施工現場ではありますが、作業風景や作業内容がとても魅力的だったので

アップします

 

こちらは駐車場スペースの土間を作っている風景です。

乱形石を敷き終わり砂利部分に残りの材料を入れてる様子。

この現場では手押しの一輪車(ネコ)を使用。

 

上から綺麗に形を整えて、、

色付けをします。

最初に施工した乱形石に色がつかないようにビニールとテープでしっかりと固定します。

 

こちらの正方形のもので土間に形を付けています。

スタンプのようですね

完成ですー!

 

よくあるコンクリート土間のような印象ではなく

温かみのあるナチュラルな駐車場の完成です。

 

お家の雰囲気にもピッタリ☆彡

施工現場での作業は普段見れない職人さんたちの努力が見える場所なので

ありがたさと同時に職人さんの凄さも再発見できます♪

 

さっきの場所をアップするとこんな感じに

まるで石材を施工したかのような出来栄え!

 

技にあっぱれです(^-^)