Staff Blogグリーングラス スタッフブログ

庭木伐根

庭木もミニユンボ君も宙を舞う!

 

 

宇都宮や小山を中心に

外構の設計施工を行っておりますグリーングラスです

 

今日はグリーングラス壬生ショールームにて

伐根作業がありました

 

(伐根作業とは、、

庭木を根っこから抜くことを言います

 

処分する庭木の作業の時も

抜いて別の場所に植え直す場合の作業も

どちらも『伐根』と呼んでいます)

 

 

 

伐根された庭木達

まだ根の張りが浅いのでこのぐらいだと

簡単に抜けてしまう、、

 

伐根レベルが1~100まであったとすると

10にも満たない程難易度低め

(だと勝手に思ってます)

 

 

 

 

グリーングラス壬生ショールームには

仮植売り場という名のついたエリアがありまして

 

そこには販売用の庭木が

たーーーくさん植えられています

ココ↓

落葉樹から常緑樹

高さ1メートルない物から6メートルを

超える超大物庭木まで幅広い庭木を常時ストック

しておるのです

 

 

 

このエリアの庭木は全て仮植えなので

基本的に根っこは全て麻布で巻いてあり

その状態のまま植えています

 

根巻きの状態

 

 

そうしないと根が土の奥深く

&横に広範囲に伸びてしまい

伐根作業が非常に大変になるのです

 

しかーし、そのような配慮をしても

年月が経つと麻布は土に溶けてなくなってしまいます

 

なので、結局年月の経った庭木の伐根は

難易度100☆☆☆に跳ね上がります((笑))

 

 

※特に高さがあるもの5メートル以上は

周囲の状況に配慮しながらの作業になるので

神経も体力も消耗する一大作業

 

紐のきしむ音やサイズ感に

見てるこっちがビビる程であります

 

 

話がそれましたが

今回このエリアからお嫁にいく庭木その1は

 

モミジです

 

既に掘り起こし作業が終了し

根巻きもされて宙づり状態でした

 

宙づりモミジ(‘ω’)ノ

生えてる場所的にユニックとユンボを

使用しないと取り出すことが難しかったので

今回はこのような感じで作業をしました

 

 

クレーンに吊られる姿がもはや芸術的

ひっくり返りもせずきれいに持ち上げある

この技術って半端じゃないです!プロ技

 

 

実は今日の作業

超大物庭木の伐根があり

(※これに関しては後日別記事でご紹介)

緊張感漂う現場でしたが、、

 

 

 

作業の出だしのこのワンシーンに

笑ってしまったことはここだけの話

 

作業の最初にユニックでミニユンボ君を

仮植エリアに移動させるワンシーンがあったのですが

なんか

(笑)

カワ(・∀・)イイ!!

ミニユンボ君が宙づりの姿が

ツボにはまったのか

この写真を撮りながら

気づけば一人で笑っていました

 

 

 

次回!超大物庭木の伐根作業について書きます!

中々見れない大きな庭木の伐根は圧巻の一言につきます

 

お楽しみに~♪

グリーングラスで理想のお庭を
一緒に作りませんか?

ちょっとしたプチ工事からお家に合わせたトータル工事まで、まずはお気軽にご相談ください!